相談できる仲間がいる安心感があります。岡久 美穂

Q1あなたのキャリアを教えてください
新卒でメーカーへ入社。事務職を3年やったのち、広告会社でプロデューサーに。その後電通クリエーティブフォースへ入社しました。
Q2電通クリエーティブフォースの良さは?
プロデューサーの仕事って、人によってやり方も違うし、チームによっても違ってきます。でも電通クリエーティブフォースはプロデューサーの集団。いろいろ相談できて、教えてくれる人がたくさんいます。仲間がいる安心感があります。

また、私の所属している室は、女子が多いんです。子供がいるので夜ご飯を食べに行く約束はしませんが、ランチの約束をして室の仲間ともコミュニケーションを取っています。
Q3プロデューサーとして、仕事と育児をどう両立していますか?
急な夜の打ち合わせには出られないこともあります。

その場合は、打ち合わせが終わったタイミングで電話を入れたり、急ぎの対応がある場合はメールを入れてもらうようスタッフにお願いするなど仕事が滞らないように気を配っています。私は裁量労働制なのである程度自分で時間を組むことができます。朝は、子供が家を出てから私が出勤するまでの1時間で、掃除や洗濯をしたり、夕食の下ごしらえをしたり、できることをやってから出掛けています。
電通クリエーティブフォースは社として育児と仕事の両立支援に取り組んでおります。お子さんの小学校就学前で、1日2時間まで勤務時間を短縮できる「育児短時間勤務制度」のある「子育てサポート企業」です。